drecom_korekaraya

だだおよ日記

「これからや」おばさんのなんだかんだのだだだの毎日。

20 6月

「コスタリカの奇跡~積極的平和国家のつくり方」上映準備会

今夜は9月6日にピーストレードとLOVE9実行委が共催しておこなう映画上映会と講演会の打ち合わせがしました。私はきちんと知らなかったのですが、ホントに「コスタリカには軍隊がない」んですね。アメリカの干渉が厳しい南米で・・・??。9条がどんどん骨抜きにされている憲法、自衛は必要と軍隊予算が増え続け、秘密法が通り安保法案が通り共謀罪も通り、戦争が出来る国へと進んでいる日本にいるせいか、コスタリカの事を知りたいと思っています。予定している映画は「コスタリカの奇跡~積極的平和国家のつくり方」です。講演は足立力也さん(コスタリカ・平和についての在野の研究者)にお願いすることになりました。どんな方かというと、YouTubeにありました。

わかりやすいです。9月6日エルプラザです。ぜひあけておいてくださいね。

今日の打ち合わせは勉強会も兼ねていました。「軍隊をすてた国」というコスタリカを撮った日本人監督のドキュメンタリー作品でを見ました。
準備をしているメンバーが少ないので、ぜひご協力をよろしくお願いします。
19 6月

歩きながらアート鑑賞

これからやは菊水駅1番出口に近い。菊水駅は大通駅から2つめだし、町に用事がある時に大通と菊水間を歩くことが少なくない。体調が良かったらだけど。その途中のお楽しみのひとつが500m美術館「札幌大通地下ギャラリー」。地下鉄大通駅からバスセンター駅への長い地下コンコースにある。暗めで殺風景な地下道でなので、このギャラリーはうれしい。無料なのもうれしい。
今日笑った展示品のひとつ
IMG_20170619_150420

トイレにこれが置いてあったら、トイレで誰かと同居しているみたいな気分になるかも。
18 6月

総会だった

久々のいい天気の日曜日でしたが、北海道NGOネットワーク協議会の総会に参加。ピーストレードが会員なのです。
FBはここ
総会のあとおこなわれた「ジェンダーを語ろう~世界から私たちの暮らしまで~」にも参加。「ジェンダーを取り巻く世界の潮流」ということで講師:平野恵子さん(北海道教育大学 国際地域学科 特任准教授)が海外で家事労働するインドネシアの移住労働者について話したのですが、考えさせられました。
国内の経済格差と国家間の経済格差が移住労働者を必要としている。家事労働という室内で多くの命に関わる問題もおこっているという。NGOネットワーク協議会は国の外郭団体から私が関わっているピーストレードみたいな小さな団体まで多くの団体が参加している。大きい団体は「私たちを利用してください」という。小さな団体が大きくてお金持ちに団体に気に入られようとして、問題があってもなかったようにしていくような忖度をして行かないようにだけはしなくてはなどと思いました。
17 6月

フェアトレードフェスタ2017inさっぽろ

全くもって寝たままのブログなのに覗いてくださっている方がいて
ありがとうございます。
ピーストレードの告知をFBに投稿したので、ここにもお知らせしとこうっと。
今回のフェアフェスでは私はこれからやさんのブース担当なので、お知らせするワニさんワークショップはノータッチです。U子さんが5月に東京でおこなわれた東ティモールフェスタに参加して覚えてきて、先生をしてくれます。器用ですよね!東京のよりずっと可愛いような気がします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
DSC_7085

今年も7月1日と2日にフェアトレードフェスタが大通公園10丁目でおこなわれます。https://www.facebook.com/fairfestosapporo/?fref=ts
ピーストレードは2日(日曜日)に出展します。東ティモールマウベシコーヒーやフェアトレードケーキ等を紹介販売する他、煎れ終わったマウベシコーヒーを利用して消臭効果がある「ワニさん作りワークショップ」をおこないます。限定10匹、参加費300円(実費)です。
ところで・・・
なぜワニさんかというと、東ティモールはワニさんが変身して出来た島だからです。「昔々、あるところに弱って死にかけていたワニさんがいました。通りかかった男の子がワニさんを看病して助けてあげました。ふたりはとても仲良くなり、ワニさんは背中に男の子を乗せ世界中を旅しました。ある日、ワニさんは猛烈におなかがすいてすいて我慢が出来なくなりました。男の子を食べたくて食べたくてたまりません。でも、男の子は大切な友だちです。ジーーーーーっとズーーーーっと我慢をしてたら、ワニさんはそのまま島になってしまったんです。それがティモール島なんですよ。オシマイ」
というわけで、ワニさん作りワークショップをします、ぜひご参加ください。
24 3月

ピーストレード映画会&シネマカフェ

さっぽろ自由学校「遊」の教室を二つ借りて、映画上映とシネマカフェをおこないます。
cinemacafe_a


映画の解説はこちら
cinemacafe_b


「0円キッチン」
「それでも僕は帰る 〜シリア 若者たちが求め続けたふるさと〜」
「ポバティ・インク ~あなたの寄付の不都合な真実~」
14 2月

アレッポの石鹸職人から

2月は気がつくと3月になっている、春に向けて走り抜けて行く寒い月。2月が半分過ぎた。今度の3月11日でまる6年過ぎるのか、ついこの前のような気がする。ということはシリアの内戦が始まってから6年過ぎるという事。空気が読めないやつと言われても、大きな声に流される事なく、何が正しくて何が間違っているのかを考えてきてるだろうか。適当だけどたまにはしっかりしろよー自分・・と、あらためて思う。

アレッポにあったせっけん工場は1軒もなくなった。天井から漏れるヒカリが星空のようだった市場も若いお兄さんやオジサン達のお客を呼び込む声や値切り交渉中のお母さんの笑顔も消えた。
アレッポに泊まった時、朝のずいぶん早くに起きてしまったというか、起こされた。元々詰まってはいないけれど、私の頭の中は空洞になったようで、音が響き渡って目が覚めた。ホテルのそばにモスクが、お祈りを呼びかけるアザーンだった。

チョコレート屋さんの店先は、たくさんのオジサン達で大にぎわいだった。オリーブ石鹸は山の形で積まれ、何種類ものオリーブのピクルスがこれも又山にのように売られていて、試食が楽しかった。アレッポにはいい思い出だけがあるのに、悲しいよ。人々の笑顔とともにアザーンが響く町にアレッポが戻りますように。

アレッポからトルコに逃れてせっけん工場を再開した人たちがいます。彼らの思いをクロスロード、ハラブせっけん(ハラブはアラビア語でアレッポの事)のガザールさんがブログに書いています。「アレッポの石鹸職人からーCROSS ROAD」
静かに力を込めて書いている。ぜひ読んで。
6 1月

弁護人

映画「弁護人」ですが、新聞を見ると1:50から1日1回の上映、しかも今日で終わるらしいというので、仕事をサボってあわててシアターKINOへ行き見てきました。そしたら、明日からは13日まで1日1回11:35ー上映するそうです。なんていうか、韓国で過去に実際にあったことの映画化だということだけど、共謀罪とか成立させようとしている日本では、これから思想弾圧が起こるような気がして考えさせられました。ぜひ行ってくださいませ、オススメです。
 政治に飛び込む前の盧 武鉉前々大統領がモデルの映画。「デモでは何も変わらん」とお金もうけにまい進する弁護士が、国による冤罪事件を戦い、映画の最後では民主化を求めるデモ(だと思う)の最前列に立っていた。捕まってもたくさんの弁護士が裁判所にきて共に戦っていた。ラストに涙がポロンと1ヶ出てしまった。現実では大統領を辞めた後に家族がおこしたの賄賂事件だったかな、取り調べを受けてたけど、自死したのでびっくりしたことを思い出した。なんで自死したんだろう、悲しくなった。
そういえば、映画とは関係ないけど、大統領時代のある日、目がぱっちりとなってた。韓国は大統領が堂々と整形をするんだ・・・とこれもびっくりした。あとから瞼が下がる病気ということだったと聞いたけど。どうでもいいコトを書いてるなぁ。

この映画は3年も前に公開されていた映画で韓国で大ヒットしてるんだね、うーん・・大統領の間違いや財閥優遇を糾弾する100万人のデモをする国だし、なんか納得。話は飛びますが、スマップの木村くんが「ただ前だけ見ていく」って解散にあたって言っていたけど、前だけ見てればいいというものではない。過去があって今があって未来があるのだから、過去の悪いとこはこれから2度としないという自戒を込めて振り返っておくべきだと思う。スマップなんだけど、デビューがこれからや開店の年なんだよね、だからどうした?とは思いますが、解散するのが寂しかったな。
2 1月

湯を沸かすほどの熱い愛

昨年はお世話になりました、明けましておめでとうございます。今年も仲良くしてください。

2016年の最後の映画は「湯を沸かすほどの熱い愛」でした。
年末はお休みが無いので、仕事が終わってもご飯を作る気力なく外食、そのあと久しぶりに映画を見たのです。疲れているのだからお風呂に入ってさっさと寝るといいのに、お風呂に入った気分になるかなぁという期待で見た映画でした。

少し笑えて少し涙が出て最後はホラーといえないこともない(?)色んな楽しみが入った映画でした。現実がきついので、ひどく重いテーマの映画は見たくはないし、オダギリジョーさんの脱力したやさしい声が心地よかったのでした。
そういえば、この映画のチラシをたまに行く銭湯でいただきました。私はスーパー銭湯が苦手で少なくなった昔ながらの銭湯に行く事が多いのですが、この映画に出てくる銭湯も古かったなぁ。銭湯が無くならないように、今年も暇を見つけて銭湯に行こうっと。

9月に金沢に行った時に東茶屋通り(だったかな?)近くにある古そうな銭湯にふらりとはいりました。
観光客が立ち寄る事が少なくないらしく、タオルセットの貸し出しがありました。
IMG_20160915_172707

入り口に新装オープンした時に、ご常連さんからプレゼントされたという絵が飾ってました。番台のお母さんの話では「この絵を書いてくれたお祖父さんも亡くなって・・」との事。いい絵でした、いいお風呂でした。
IMG_20160915_172155


26 12月

手続き終了

法務局へ提出のピーストレードの変更届を5回目めで受け取ってもらえました。書類の意味をよくわかっていないうえ、仕事の合間に通ったので1ヶ月以上かかりました。理事長が入院中で理事長不在の理事会になったため、手続きがめんどくさいのです。書類に押された印鑑と印鑑証明書の印鑑が同じかを確かめる方法が、けっこう原始的。印鑑のとこをパタパタパタパタパタとすばやく20回以上合わせてズレがないかを目視で判断してゆくのですが、それが面白かった。印鑑が一体化して浮かび上がるから不思議でした。今日はそのほか郵便局や銀行や労金へ、ピーストレードとこれからやさんの支払いにも行きました。どこもひどく混んでいて、さすがに年末です。

やらなければいけないことを済ませていくたびに解放感があります。すぐに来月が来てまた支払いが発生するので、永遠に終わらないけど取り敢えずスッキリします。気持ち良く新年を迎えたいですものね。そう、取引先もすっきりしたいにちがいない、請求書を出さなきゃ。
夜になって、しつこくまた雪が降ってきた、明日は餅をついて、あと少しで今年が終わる。フーー。

 
24 12月

のんびりクリスマス

メリークリスマス
IMG_20161224_143542

昨日は大雪で飛行機に乗れず、予定していたクリスマスの週末プチ旅行が中止になった。いつもなら1時間の空港への道が大雪や事故の影響で車線減少になり、ノロノロ運転で2時間半かかった(帰りは4時間以上かかった)。
神様に見捨てられた気分になり今日もシューーンとしてたけれど、店に来た孫と娘がかまくらというか穴ぐらを店の前にできた雪山に作ってくれた。うれしいな、中に入って甘酒を飲んで、ちょっと幸せなクリスマスイブです。
最新コメント
QRコード
QRコード
記事検索
タグクラウド
  • ライブドアブログ