drecom_korekaraya

だだおよ日記

「これからや」おばさんのなんだかんだのだだだの毎日。

30 7月

かき氷

これからやの夏のおやつの定番は「かき氷」。
ゆで小豆と練乳と店で販売中のかき氷シロップをゆりちゃんとワリカンで購入。
家庭用のかき氷マシーンでシャキシャキしていただく。
おおいいいしいいい・・けど、頭にキーンが走る。
今日のお昼は鶏肉スープをしっかりとってフォーでした。
これもおいしかった!夏だ!

ちなみに
これからやではフルーツバスケットのかき氷シロップを販売してます。
原材料が砂糖と有機イチゴのみのイチゴシロップが1番高くて、598円。
砂糖、はちみつ、水飴、レモンのシロップが1番安くて378円。
オレンジはみかんと砂糖だし、ぶどうはぶどうと砂糖で441円。
舌につかないやさしい色合いと香りが何とも良いです。
2009073017050000.jpg
30 7月

K-ta君

k-ta君は男子だけどおばさんだからシスターズなのです。
おばさんの特徴の一つに
言わなくてもいいことをつい言ってしまうというのがあるのですが、
ここぞという時、口で言う前に態度で示すというものもあります。

今年になってからk-ta君の生活は母さんとともにJIちゃんとの一喜一憂、
まとめて眠る時間が取れない「介護」はつらい。
体だけがつらいのではない。
パッチワークの生地のように細切れになった時間をつなぎ合わせても
糸を通さずにキルトを縫ってるよう。
残された命をみつめる行為は、「死」だけではなく
自分は人とどうかかわってどう生きていくか…
というのかなぁ「生きる」という意味を頭と体で考えさせる。

一昨日遅くに「JIさん劇的に悪化、JIさんが楽に逝ける方法を整えれた。
俺24時間体制、俺がモルヒネ打ちてーー」とメールが来た。
k-ta君ちは頑張りやの家族だから、JIちゃんもきっと頑張るよ。
疲れたからと言ってエロいサイトを見てないで、
眠れる時にはしっかり寝るんだよ。

頑張っているときにがんばれーって言うほどアホな励ましはないのだけど、
「がんばれー」
29 7月

Hanaテレビにでるよ

今日菊水銀座商店街、理容の銀座→これからや→お米の本商店とテレビカメラが入りました。
何を話すか打ち合わせなし、なのでとっても気楽でした。
ここはなんと言っても7軒の可愛い商店会なので、話が早いのであります。
過疎なので仲良くしなきゃ、淋しいよ。
8月3日月曜日HBCテレビ、夕方に放送するそうです。
時間がありましたら見てくださいねw。
29 7月

8月1日バーゲン!

1ケ月遅れで開店18周年記念セールです。

これからやは7月1日が開店記念日なのですが
といっても、この日はまだシノハラせっけんと、エコペーパ-100とコアレスだけで
商品がほとんどなくて、開店祝いでいただいたお花がやけに目立つお店でした。
7月1日はいつもお祝い出来ないでいます。
この頃はキャンドルナイトとフェアトレードフェスタとリサイクルせっけんセミナーが終わり、
菊水銀座商店街夏祭りの前で、やたらあわただしいのです。
いつも皆様にお世話になってるのに、なんもしてなくて
で、1ケ月遅れでセールをする事にしました。

お買い得は
ハイムの廃盤になる化粧品やシャンプー 50%以上割引します。
フェアトレードの夏物お洋服を50%以上オフ
ボディクレイやパックス、シャボン玉せっけんなども10-20%オフ
利幅が無くて割引が難しいものも、この日は全品5%オフします。

時間は11:00-19:00までです。
お待ちしています。
28 7月

バジル

バジルというと香りを思い出すから、私もずいぶんこじゃれたなぁ。
私が少女だったとき、レタスとセロリとパセリの使い分けができなかった。
バジルなんて聞いたことがなかった。
今ではバジルというとババジルというよけいな言葉さえ浮かぶし。
レタスとセロリとパセリはもう間違えない。

この各種バジルは八百屋夢屋の園芸市で「くさばたけ農場(伊達市)」さんから買ったもの。
すくすくと店の前で育ってます。

2009072817090000_1.jpg
27 7月

11日ぶりに働いた

東ティモールに行ってきました。
バリから1日1往復のメルパチ航空に乗って行くので、
夜中の2時に着いたバリでまずは、ひと休み。
2009kaeru.jpg
ウブドへ行き、美術館巡りをしました。

東ティモールはまる4年ぶりです。
あのとき、コカマウ珈琲組合のビィトリーノさんの話した
「多くの犠牲があっての独立は大きな喜びだだったけれど、
今はまだ国も私たちも貧しい。
大切なのは教育だ、そのためにフェアトレードの珈琲生産を頑張りたい」
あの時から、ここのコーヒーを売ろうって私は思ったのでした。
でも、ビィトリーノさんは頑張ってるけど、ビィトリーノさんの村は
組合を抜けていた。あの村へは行けなかった。
子どもたちはどうしているだろう・・・。
新しく昨年より参加したマウレフォ村へ行った。
歩いて山を越え谷を超え行って来た。
2009maurefo1.jpg

4年前と同じに肌を寄せあって暮らす人たち。
アナちゃんにあった。
2009anatyan1.jpg
かわいいんだ、ほんとにかわいいんだ、これが。
お母さんはアナちゃんが生まれてから亡くなったそうだ。
病院、遠いもね。車での巡回診療もここには入って来れない。
首都のディリはバブリーで4年前と違いきれいな自動車と品物があふれていた。
でも、4年前と同じに籠を担ぎ、物売りをする子どもがいた。
でも、4年前と違って、物乞いをするおばあちゃんがいた。
経済発展は山奥の村には届かない。

で、今回は山ダニにさされたのは足を中心に100ヶ所くらい。
私の足の表面積は人の2倍はあるからしょうがないけど、
前回に比べたらガードがうまくなった。
2009omiasi.jpg

地球は丸くて動いてるって実感出来る星空は、今回も健在。
皆既日食は見れなかったけど、
星空に抱きしめられたから、まっ、いいかな。
ゆっくり、報告はまとめていきます。
15 7月

息つく間も無く・・

やることがてんこもりの日々。
でも、終わらない。
菊水銀座商店街の夏祭りはたくさんの方が協力してくれた。
懐かしい顔にもあうことができた。
マンネリっていいもんです。

大失敗もありました。
アラエール号で、お皿の洗い方が悪いみたいで注意をされました。
たくさんコップもなくして、落ち込みます。
極めつけはホースを壊したこと。
車に排水ホースがひかれてへこんだけど、何でもないと思って返しちゃった・・・
みたいで、アラエール号の係の方から連絡が来て、びっくり。
修理費にいくらかかることやら・・・。
ガンバルゾ、修理費のために働くゾーー!オーー!、とほほ

あと、パラダイスちんどんのみよしちゃんがすごく元気そうでうれしかった。
きれいいだなぁ。09chindon.jpg
11 7月

ディア・ドクター

西川美和監督って、いい仕事をしてますねの職人みたいな映画を作る。
挟み込むふとした間合いの画面で、普段は忘れているけど忘れていない感情を思い出させてくれる。想像させる。こうしたらよかったんだけど、こうするしかなかった時のことを思い出させる。
映画の中の過疎の農村風景は北海道にはない風景だけど、医師不足は北海道でも深刻だ。
それを訴えた映画ではないけど、キューバからもっと学びたいものです。
ただいまkinoで上映中です。
10 7月

蟹工船

函館北洋資料館には揺れる船体験コーナーがあります。かなりグワンとゆれるので面白かったのですが、あれはサケマスの缶詰めだったのかなぁ?
あけぼの印のカニ缶詰も展示されてたような気がする。それにこんなに過酷な労働管理のもとで作られてたのかしら?資料館ではそんなこと書いてなかったぞ。この先、カニ缶を見るたびにこの映画を思い出すんだろうなぁ。

「水揚げしたカニを船の中ですぐに缶詰めにする仕事は国家的事業なのだ!戦争と同じ、だから勝てねばならぬ」というめちゃくちゃな論理。暴力的な支配のもとで、たこ部屋労働を強いられる労働者が立ち上がる、ご存じ蟹工船。
蜂の巣のようなタコつぼのような寝床、どこかの貴族のような監督の服やゴムの労働着も鉢巻もおしゃれだし、めちゃくちゃ変な中国人が「怖がっても駄目ね、自分で考えて自分でやるのが大事ね、文句だけ言ってても変わらないね・・」とかなんとか、ずしんと来ることを言うんだけど、雰囲気が軽いから説教されるみたいじゃなくていいんだよね。
清く正しくない日々を反省しつつ懲りずに過ごす私としては、正しいことをガンガン言われると、怒られているみたいでいやなんだよね。
ビンボー自慢も絵になってて笑ってしまいました。面白かった!
9 7月

そうそうそう

久しぶりにずーっとしゃべる女性に会いました。
21分話続けますが、すっきりした(?)のでもう1度彼女のお話を聞きにいこうと思います。

「モノの物語(The Story of Stuff)」です。
最新コメント
QRコード
QRコード
記事検索
タグクラウド
  • ライブドアブログ