40年もおつきあいをしているという事は、
親とのつきあいより私の場合は長い。
大工のサーさんの事です。

住に関して困った時には、マグマ大使を呼ぶように(古いねー・・・)
「サーさーーん」と、SOSを出します。
「おーー、わかったー」と、時間があいた時にすぐに駆けつけてくれます。
私が幼かった時も、頼める大工さんが、ご近所には住んでいたような気がします。
今は、ネット等で修繕会社を探すようです。
これからやは築50年をとっくに超えています。
あちこちくたびれて当たり前。
開店の時から、なんやかやと毎年のように修繕をお願いしてきたので
これからやの店舗の主治医はサーさんです。
サーさん
安心してお願い出来ます。
今年は大雪で雪融けが遅かった(まだ雪が降っている町もあるみたいですが)ので、
それが原因だと思うのですが、これからやの東西南北の壁が、全部ゆがみました。
シャッターも10センチを残して開くようになったし、
台所の窓はがっつし歪みました。
開けてみたら10センチ以上開かず、あろうことか今度は閉まらなくなりました。
仕方がないので、そのまま開けっ放しで帰っていました。
ご近所さんから「窓開いてるよ」と、何度心配された事か。
そんな店ないよね、すみません。
で、4日間もかけて治していただいたので、どこもここもよく閉まります。
大工さんって、ホントにすごいなぁと思います。