週刊誌に出ていた事ですが、
韓国では共稼ぎ510万世帯のうち、ほぼ半分の250万世帯で
子どもの育児をジジとババがしているそうです。
このじいちゃんや婆ちゃんはハルパ、ハルマと呼ばれるとか。
ハラボジ(おじいちゃん)+パパ(父)=ハルパ
ハルモニ(おばあちゃん)+ママ(母)=ハルマ
孫とはいえ、1日中子どもの世話をしていたら疲れて、睡眠障害やうつ病などになり、
育児ストレス病=シンジュビョン(孫)病という言葉もあるとか。
イクメンが増えたとはいえ、育児がまだまだ母親の仕事となっている日本でも
保育所は足りないし、育児や介護は家族でするのが幸せという考えが根強い。
育児や介護は、女が1人でやってはいけない事だと思うからこそ
女が1人でも子どもを安心して産み育てられる社会の制度が必要だと思う。
よりしんどい人が楽になる社会制度が、多くの人を幸せにする社会なんだと思う。

この4月から小さい子どもじゃないけれど孫と暮らしている私としては、
また子育てが始まったみたいで、結構ストレス。。。
気ままにやれる婆業は楽しいんだけどね。一緒に暮らすとそうもいかない。
合成香料たっぷりの洗剤を使い、合成香料たっぷりのシャンプーを使うお孫さんとけんかするなという方が無理。くさいんだも。なんでそんなにプンプン臭いをさせて歩きたいんだろう、
臭いのしない放射能と臭いがする合成香料をこの世からなくしたい。
でもお孫さんはどうしても臭い洗剤類を使いたいらしい。
妥協点として、自分の洗濯物は家の洗濯機を使わないで手で洗うこと。
合成系のシャンプーは一切自分のお小遣いでどうぞ、となった。
歩く芳香剤みたいな若い人たちにあきれていたら、やってきた自分のお孫さんが芳香剤なんだもんな、
人生イロイロだなぁ。