読んでから観た。11日には後編が封切りなので、その前にと前編を観て来た。「ソロモンの偽証」は宮部みゆきさんのベストセラーで、年末に一気に読んだ。なんでそんな事をという悪意の正体を知りたかった。人は反撃として平気で恨みがましくなって悪意ある嘘をつくのか?1番悪いのは何なんだって気になって。そんな事を考えたのは、昨年11月の末に「反差別パネル展」に行ってヘイトスピーチの画像を見た事がきっかけだと思う。パネル展では胃液が上がって来て気分が悪くなった。「この人たちの悪意はどこからくるんだろう、どうしたんだろう、何があったんだろう、自分を被害者のように言いながら口が腐りそうな言葉を吐き続け脅迫する、なんでこんなことを・・・」ずっと考え続けていた。ふと思った、私かもしれない、私も友だちがいなかったら深い暗い悪意の穴に沈んでいたかもしれないって。
<前編少し説明と後編の予告>
中学生が主人公の映画です。役者さんたちがうまいなぁって思ったのは本を読んでたからかなぁと思います。

唐突ですが、
私はなにより収入が少ないし安定した未来があるわけじゃないし、病気持ちだし、腹が減ったり寝不足だと不機嫌になる餓鬼だし、しかし、勝ち組ではないが負け組とも思っていない。美貌はないが脂肪はあるぞと笑える陽気さと困った時には相談出来る友人がいるからありがたいことだ。対等につきあってくれる友人たちがいるから被害者意識に捕われずにすんでるんだと思う。