今日は9月11日。14年前の9.11アメリカで同時多発テロがあった日。何がおこったのかわからなくて、ただ現実とは思えないとんでもない映像がテレビからは流れていて。それから一気にアメリカはアフガニスタンへイラクへと報復に出て、日本も後方支援をした。大量破壊兵器を叩くという目的で、日本もアメリカの手伝いをした。でも、大量破壊兵器はなかった。今度の安保法案はアメリカと一緒に武器を持ってアメリカのいいなりになって一緒に前線で戦うというもの。とんでもないでしょ。この後方支援だって、とんでもないことだったのに。

でも、そして、3月11日を思い出す。11の数字の日は災害を連想する。一晩中、NHKでは雨による災害速報を流し、注意を促していた。宮城や茨城では雨の増水で川が決壊した。岩手や宮城に住む友達から大丈夫という連絡があったけれど、行方不明の人たちや家に帰れなくなった人がまだたくさんいる。安保法案改悪をすすめてないで、この対策に真剣に取り組んで欲しい。そして、原発の汚染物漏れが気になった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150911-00000079-mai-soci
これの行方を探せ。脱原発に真剣にとりくんで欲しいよ。

これわかりやすいのでウンウンと見てしまった。