時々買い物に来てくれる15年来のお客さんが久しぶりに来店。結婚、出産、そしてこの春に子どもたちが小学校にあがるという。一段落だね、と話しながら「子どもたちが小さかった時の事、大変すぎて良く覚えていない」と笑う。そうだよね、双児を育てるって大変だよね。頑張ったね、頑張ってるね、頑張れーって思う。子どもたちは元気に店内を見ながら、楽しそうに過ごしてくれた。そして「又来まーす」と言ってお買い物を終えたお母さんと帰っていった。
子どもたちは私のお店での孫、店孫だなぁって思う。

一昨年のフェアフェスで一緒に会計をやった大学生のMチャんが来てくれた。Mちゃんは私の孫の年齢に近い。だから、ちょっとお姉さんの店孫だ。北海道を離れて東京に就職、東京での家賃の高さをなげきつつ出発まであと数日、引っ越し支度で忙しそうだ。卒業&就職祝いということで、お蕎麦を出前していっしょに食べた。忙しいのに寄ってくれてありがとう。私の歳でも色んなことがあるから、若い人はこれから山や谷や川や湖や海さえも超えていかなければならないような、いろんな事があるんだろうなぁ。
日本の将来は格差が広がり、痛んでいる人に寄り添わず切り捨てていくようで、ひどいことになりそうだけど、良くない事は良くないって言って笑顔で頑張ろうね!って思う。ガンバレーー!

新しい事が始まる人が多いなぁ、春だなぁ。