重予さんから小さな小包が届いたのは10月の末だったろうか。中には瓶が入っていました。瓶の中には桜の花のシロップ漬け。「亡くなったOさんと今年摘んでつけた桜です。初めて綺麗な色がでました」
とても嬉しかったので、Oさんの葬儀を手伝った気のおけない仲間たちとの忘年会に持って行きました。会場のカフェで最後に桜湯を出してもらいました。

亡くなってから聞かされる話が多くて、少し元気がなくなりそうになりながら、それでも私は生きていくわけで、桜湯を飲みながら「前を向いて、顔を上げて前を向いて」と思う夜でした。

美味しい桜湯でした、ありがとう重予さん。
IMG_20161217_204230

1番気になったのは
IMG_20161217_183948

ラザニアではなくて「ゴボチ」のほうです。野菜が美味しい宮崎のスナックらしい。
IMG_20161217_181117

お料理は食べやすく調理され全て美味しかったです。

重予さんの「心の庭の植物図鑑」が北海道新聞夕刊 に時々載ります。これが面白い。最近は12月16日(金)の夕刊でした。お近くの道新販売店でどうぞ。
重予さんのブログでも少し読めます。おかしくて小さく笑ってしまいます。