k-ta君は男子だけどおばさんだからシスターズなのです。
おばさんの特徴の一つに
言わなくてもいいことをつい言ってしまうというのがあるのですが、
ここぞという時、口で言う前に態度で示すというものもあります。

今年になってからk-ta君の生活は母さんとともにJIちゃんとの一喜一憂、
まとめて眠る時間が取れない「介護」はつらい。
体だけがつらいのではない。
パッチワークの生地のように細切れになった時間をつなぎ合わせても
糸を通さずにキルトを縫ってるよう。
残された命をみつめる行為は、「死」だけではなく
自分は人とどうかかわってどう生きていくか…
というのかなぁ「生きる」という意味を頭と体で考えさせる。

一昨日遅くに「JIさん劇的に悪化、JIさんが楽に逝ける方法を整えれた。
俺24時間体制、俺がモルヒネ打ちてーー」とメールが来た。
k-ta君ちは頑張りやの家族だから、JIちゃんもきっと頑張るよ。
疲れたからと言ってエロいサイトを見てないで、
眠れる時にはしっかり寝るんだよ。

頑張っているときにがんばれーって言うほどアホな励ましはないのだけど、
「がんばれー」